アートディーラーMr.K『名画の真贋の見分け方』

こちらのイベントは終了しました。

ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

Kindle にて読めます

禁断の美術世界の扉が開く…

アートディーラーMr.K「名画取引の真実」

https://www.amazon.co.jp/dp/B098P39W2T


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。


アートディーラーMr.Kが、Voice of Art オンラインに再登壇! 誰も語らなかった「名画の贋作」について、実話を交えてお話しします

名画を前にしたとき、皆さんは 「これは、ホンモノだろうか?」と思ったことはありますか? 一般的に美術館や画集などで絵画を鑑賞する際は、その真贋まで疑うことはあまりないと思います。


しかし、長年、世界の著名人と絵画取引を行ってきたアートディーラーMr.Kにとって、どんな絵に対しても疑念を持つことは、ビジネスの初歩の初歩、大切な最初のステップだそうです。 アートディーリングにおいて最も重要なのは「信用」、つまり「絵画の真贋を見抜き、本物だけを依頼者に届けること」だからです。

実は「この業界には、高い確率で贋作が出回っています」とMr.K。 そのような中で、プロはどうやって真作を見分けているのでしょうか。

今回は、Mr.Kが実際に経験され、また見聞した国内外のリアルな真贋事件を中心にお話します。


芸術の秋のひと時を、奥深いアートの世界に、そして謎めいたアートディールの部分にも触れていただけたらと存じます。 さらに、絵画のご購入に御関心をお持ちの方々に参考にしていただけるような、Mr.Kからの特別なアドバイスも詰まっています。


また、現在来日中のロンドン・ナショナル・ギャラリー展のなかから、Mr.Kがアートーディーラーの視点から気になった絵画についても、併せて解説します。

「日本にさらに素晴らしい絵画が増え、多くの人が安心して本物を鑑賞できることを願って」Mr.Kが信念をこめて贈る、珠玉の90分です。


話に登場する画家 ・レンブラント・フェルメール・ルーベンス・印象派 ・シャガール ・メーヘレンほか

写真: メーヘレン画「エマオの晩餐」

https://itmightbeafake.peatix.com/


アートディーラーMr.K プロフィール 東京生まれ。幼少期より、アートに 日常的に親しむ家庭で育ち、著名ファッション雑誌の編集経験を経て、イタリアのファッションを扱う商社を起業。 日本と欧米を往来するなかで、その人柄と美への見識の高さを見込んだイギリス貴族出身のアートディーラーから声をかけられ、絵画取引ビジネスの世界へ。 海外、日本国内の 多くの大変 著名な美術館をはじめ、世界のビリオネアーの方々に、レンブラントを始めとするオールドマスター、ゴッホ、モネ、ルノワールなどの近代絵画を売買。

2019年8月25日 レンブラントの取引 https://youtu.be/vTF_r3OXMRc

【開催概要】 ・日時(オンライン実施) 2020年9月20日(日)午後13:30~15:00 ※質疑応答・休憩含む ※15分前から入室頂けます。 https://itmightbeafake.peatix.com/

・zoomにてLive配信 ※URLは、お申込みの皆様へメールにて配信します。

・参加費 4,000円 ※2020年3月以降、対面イベントの急遽のオンライン化などにより、ご不便をおかけしたお客様へはお詫びの文章にクーポンを掲載し、メールでお送りしております。 お持ちの方は、Peatixでお申し込み時にコードを入れてください。 発行済のクーポンの利用は、一回限りです。

・予定人数 40名様

お申込みはPeatixからお願いします↓ https://itmightbeafake.peatix.com


【ご注意】 (1)アートディーラーMr.Kの同業者様のお申し込みはお断りします。 (2)お申込みキャンセルの場合、Peatixの規定により、お一人様500円がかかります。 (3)著作権、Mr.Kの肖像権は、Voice of Art に帰属します。 当日のレコーディングは、固くお断りします。 万一、そのような行為、動画、音声の無断のご利用があった場合、法的対処をとらせていただきます。


#メーヘレン

#アートディーラー

#真贋



閲覧数:20回0件のコメント