松尾朋子の『印象派とインテリア』~モネから後期印象派まで~

更新日:2月13日

松尾朋子さんの勉強会を2022年3月27日(日)14:00から渋谷で開催します。


モネ、ルノワール、マティスなど印象派の美しい絵画から、趣のあるインテリアについて学びませんか。

人気企画、インテリアのお悩みを解決する公開カウンセリングのコーナーもあります(3名様)。


講師は、雑誌や広告、個人邸宅のインテリアを手がけ、居心地がよい空間づくりに定評がある松尾朋子さんです。


当日は、色合いや雰囲気などからインテリアの参考となる有名な印象派の絵画が登場します。


















マティス《オレンジのある静物》 1912年

ピカソ美術館(パリ)



モネ《ラ・グルヌイエール》1869年

メトロポリタン美術館



















ルノワール《猫を抱く少女、ジュリー・マネ》1887年

オルセー美術館



この勉強会は、こんな方におすすめ

・印象派の絵が好き

・癒される空間をつくりたい

・プロが手がけるインテリアに興味がある

・美を感覚的に理解したい

・惹かれるので体験してみたい

・トップクラスのスタイリストとお話ししてみたい


インテリア初心者様歓迎です!


詳細↓↓↓

http://ptix.at/QFda25


内容

①『印象派とインテリア』~モネから後期印象派まで~


②公開カウンセリング

・3月半ばにPeatixを通じて参加方法を連絡します。

・枠は、3名様です。応募多数の場合は「お申し込みの先着順」となります。

・2箇所以上をご送付の場合、こちらで選ばせていただくことになりますのでご了承ください。



【過去の開催報告】


2021年10月30日 居心地がよく美しすぎる、空間のセオリー

https://ameblo.jp/voiceofart/entry-12714759902.html


2021年11月27日 オールシーズン使えるエレガントなリースを作ろう

https://ameblo.jp/voiceofart/entry-12714765071.html



【講師プロフィール】

松尾朋子

長崎県出身。長年、インテリアコーディネートの世界に携わる。婦人画報、marie claire、WING SPANなどの雑誌、三菱地所、三井不動産、TOYOTA、ユニクロなどのCMに起用されるとともに、個人の邸宅のインテリア、パーティのコーディネートを手がける。趣味の映画好きが高じ、著者「おしゃれはシネマから」(文化出版局)を発刊するなど、視覚的な美を幅広く追求している。

過去の仕事についてはこちらをご覧ください。

https://www.info-tomoko.com/works/


日時

2022年3月27日(日) 14:00〜15:30

※30分前から開場いたします。


参加費

4000円(税込)

定員 15名様

ソーシャルディスタンスを鑑みて、座席数を抑えて実施いたします


会場

渋谷区文化総合センター 大和田 学習室2

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-2123-21

https://www.shibu-cul.jp/



























閲覧数:71回0件のコメント