発刊、魅惑の絵画取引【ゴッホ編】アートディーラーMr.カトウ

更新日:9月17日

小さな悩みがあったとしても、基本的に平和に暮らすことができている私たち。その真逆の生き方をしている人が、アートの世界にいることを想像できますか?


実は絵画取引というビジネスは、危険と隣り合わせ。一瞬ですべてを失い、それ以上の悲劇も起きえます。それが、アートディーラーMr.カトウの日常です。


Kindle版「アートディーラーMr.カトウ 魅惑の絵画取引【ゴッホ編】」には、アートディーラーMr.カトウが携わったタイトロープのような危ないアートビジネスのエピソードが詰まっています。


VOICE OF ARTでは、Mr.カトウを招聘して過去に日比谷図書文化館にて講演会を7回開催し、レンブラント、ゴーギャン、モネ、ルノワールなどの取引について語っていただきました。 


巨額の取引や実在の企業が登場するため、Mr.カトウには実名を名乗ることを避け、仮称「Mr.K」として登場していただきました。


世界的にも一般の方に向けて現役のアートディーラーが自らの取引を語った例は見当たりません。


実際に講演会は満席となり、参加者の皆様を大興奮の渦に巻き込みました。


そのMr.Kが、今回のKindleより実名で登場します!


アートディーラーMr.カトウ 魅惑の絵画取引【ゴッホ編】https://www.amazon.co.jp/dp/B0B9JRDWDH


日本の企業が所有したゴッホ作品、美術館の裏側、現代美術の仕掛けなど一部のプロのみが知る禁断の内容です。


こんなことを話してくれる現役のアートディーラーは、世界中探してもいませんっ! 編集を担当した私が、世界で一番ワクワクするMr.カトウの絵画取引の裏話。


世界は想像するよりずっと広いのです! 知らないのはもったいない。アートが好きな方、ビジネスパーソンにも、きっと楽しんでいただけるはず。

どうぞお手に取ってご覧ください。


*************************** 【アートディーラーMr.カトウ プロフィール】 Gage Gallery オーナー。幼少期より、アートに日常的に親しむ家庭で育つ。著名ファッション雑誌の編集経験の後、広告の制作会社、イタリアのファッション商社を起業。 欧米と日本を往来する中で、その美意識の高さを見込んだイギリス貴族出身のアートディーラーから声がかかり、絵画取引ビジネスの世界へ。専門は、18世紀から20世紀初頭の西洋絵画。 国内外の多くの著名な美術館をはじめ世界のビリオネアーを顧客にレンブラントなどのオールドマスター(18世紀以前の優れた画家やその作品)、ゴッホ、モネ、ルノワールに代表される近代絵画の売買・巨額取引に関わる。


次の刊も予定中。また書けなかった本の裏側はLINEイベントにてお話しています。


VOICE OF ART LINE公式アカウント https://lin.ee/dOcGp29 今後のイベントなどを発信しています。どうぞお気軽にご登録くださいませ。


既刊 :+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。 Kindle にて発売中 美術世界の禁断の扉が開く… アートディーラーMr.K「名画取引の真実」 https://www.amazon.co.jp/dp/B098P39W2T 。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。



アートディーラーMr.カトウ 魅惑の絵画取引【ゴッホ編】https://www.amazon.co.jp/dp/B0B9JRDWDH




美術世界の禁断の扉が開く… アートディーラーMr.K「名画取引の真実」 https://www.amazon.co.jp/dp/B098P39W2T




#アートディーラー

#絵画取引

#ゴッホ

#美術館

#アート

#現代アート

#アート思考

#pen

#サライ

#casa

#crea

#芸術新潮

手帖

#なんでも鑑定団

#ホワイトカラー

#スーツ

#007

#ギャラリーフェイク




閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示