イギリス貴族に絵画ビジネスの薫陶を受けた日本人。アートディーラーMr.K

更新日:2月14日



アートディーラーMr.K  


【プロフィール】

東京生まれ。幼少期より、アートを日常的に親しむ家庭で育つ。

著名ファッション雑誌の編集経験を経て、イタリアのファッションを扱う商社を起業。

その後、イギリス貴族出身のアートディーラーから声をかけられ、絵画取引のビジネスの世界へ。

国宝級の美術品を所有する世界中の個人コレクターの自宅を訪れ、名品の数々にふれることで薫陶を受け、オーナーとの信頼関係を築く。

以後、東京でギャラリーを開設。


【専門】

17世紀、18世紀、19世紀、20世紀初頭のヨーロッパおよび20世紀のアメリカのアート作品


【取引先】

国内外の著名な国公立・民間美術館をはじめ世界のビリオネアー


【皆様へのお願い】

講師のMr.Kについては ご本名を明かすことができません。

Mr.K という匿名でお呼びいたします。


その理由は、Mr.Kが長年にわたって 数十億、ときに数百億円という巨額の絵画取引に関わっていらっしゃり、非常に難しい真贋の鑑定をもとに、取引先に本物の絵画を届けるという 重責を担っていらっしゃるからです。

彼の判断一つで 大金が動き、また、大きな利権が一瞬にして失われることもあるのです。

彼の顧客である世界的資産家たちのプライバシーを守ることは、皆さまとの最も重要なお約束の一つです。

ご理解を頂けたらと存じます。


【アートディーラーMr.Kの過去の講演】

2018年11月22日 ゴッホ医師ガシェの肖像の取引(日比谷図書文化館)

2019年2月20日  絵画取引の行方~ゴーギャンとモネ~(日比谷図書文化館)

2019年5月26日  ルノワールの取引(日比谷図書文化館)

2019年8月24日  レンブラントの取引(日比谷図書文化館)

2019年11月30日 ゴッホの取引(日比谷図書文化館)

2020年4月25日 絵画取引と世界経済(オンライン)

2020年9年20日  名画の真贋の見分け方(オンライン)


【参加者の感想】

・他では聞けない話。スケール感の違う非日常性 


・子供にも聞かせたい、など。


・今までにないくらいのビックリの連続で、もっと先生のお話がききたかった。

また、ぜひ参加したいです。

・この種の話は全く聞いたたことがなく、いろいろ言えないことも多かったと思いますが、とてもきいていてワクワクしました。先生のお話が短かった。あっという間でした。

・ぜひ、先生と美術館へ一緒に行きたい。確かに美術館で解説はできませんが、その前後にお話をして頂いた後にみんなで行くとか、ぜひ企画をたててください。













日比谷図書文化館での講演の様子


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

Kindle

美術世界の禁断の扉が開く…

アートディーラーMr.K「名画取引の真実」

https://www.amazon.co.jp/dp/B098P39W2T


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。



閲覧数:36回0件のコメント